コラム


立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

美しい女性の容姿や立ち振る舞いを花にたとえて形容する言葉です。

人の目に美しく映るカラダは、バランスがとれていて、自由に大きく動かすことができます。

筋肉や筋膜、靭帯などでしっかし支えられ、深部にストレスがかかりません。 ですが多くの人が、腰痛や肩こり、膝痛、立っているのがしんどい、疲れやすい、身体が重いなど不調にさえなまれています。

呼吸、姿勢、筋肉の使い方など、日常生活で無意識に行っている動きが、痛みや不調の原因となっていないかを、見直し、気づき、自分で整えていくトレーニングがピラティスです。